できない自分にイライラする・落ち込む できない自分とサヨナラする3ステップ

できない自分にイライラする・落ち込む できない自分とサヨナラする3ステップセルフマネジメント

できない自分にイライラすることありませんか?

できない自分に落ち込むことありませんか?

あります!メッチャあります。

誰だってあるでしょ。悔しいよな、情けないよな!

そんなとき、あなたはどうやって、自分の心を受け止めていますか?

できない自分にイライラしたり、落ち込んだりした状況では、上手くいくものもいきません。

自分に向いていないと、あきらめるとか?

イライラしている人

あきらめてしまえば、そこで終わりですよね。

できない自分にイライラしたり、落ち込んだりするのは、なんとかできるようになりたいからです。

その理想と現実のギャップが大きいので、イライラしたり、落ち込んだりするのです。

では、できない自分にイライラしたり、落ち込まなくなる方法ってあるのですか?

山ノ内公園
山ノ内公園

今回は、「できない自分にイライラする」「できない自分に落ち込んでしまう」あなたのお悩みに寄り添います。

筆者の山ノ内公園はこんな人です。

性別:男性

家族:妻、長男、長女

職業:プライム上場企業の会社員、現役管理職、技術系

好き:スピリチュアル、神社、言霊(ことだま)

もっと詳しく知りたい方は、こちらからご覧ください → プロフィール

山ノ内公園のイメージ

この記事を読んで得られるハッピーな未来を紹介します。

  • できない自分にイライラしなくなる
  • できない自分に落ち込まなくなる
  • できない自分とサヨナラする3ステップ(肯定→共感→修正)
  • できる自分に最短で変わることができる
  • 勇気と自信に満ちたあなたに変わることができる!
できない自分とサヨナラした女性

まぁ、話くらい聞いてみるか。

スポンサーリンク

「イライラする」「落ち込む」自分に感謝しよう

できないときって、できるように最新の注意を払っていますよね?

「失敗しないぞ」、「失敗しないぞ」って思っていますよね。

でも、人間の脳というのは不思議なものです。

「失敗しない」と思うほど、失敗した状況を鮮明に描いてしまいます。

ではどうしたらいいのですか?

「成功する」、「成功する」とイメージすればいいのですか?

「成功する」イメージが描ける人は、それでいいと思いますよ。

でも、できない自分にイライラしたり、落ち込んでしまう人は、それもなかなか難しいですよね。

「失敗しないように考えるのは止めましょう」、「成功するように考えましょう」といったところで、そんなに簡単な話ではありません。

「できない」というネガティブな感情が湧いてくる時点で、それはあなたの潜在意識からのお知らせだと思ってください。

潜在意識からのお知らせ?

あなたの潜在意識が、あなたに「できない」というネガティブな感情があることを、あなたに分からせようとしているのです。

あなたの潜在意識に「教えてくれてありがとう」と感謝すればいいのです。

「できない」、「イライラする」、「落ち込む」というあなたのネガティブな感情にも、「ありがとう」と伝えてほしいのです。

実は、これはとても大切な意味があります。

ネガティブな感情は、あなたが本当は何を望んでいて、何を望んでいないのか、あなたにも分かっていない、「心の奥にある本当の気持ち」に気づかせてくれるからです。

それらのすべてが、あなたの潜在意識からのお知らせです。

あなたにとって、悪い方向に働くことはありません。

潜在意識からのお知らせには、全面的に信頼を寄せてほしいと思います。

繰り返しになりますが、あなたのネガティブな感情に対して「ありがとう」と、感謝の気持ちで受け止めることが大切です。

潜在意識に対して、「気づかせてくれてありがとう」と感謝の思いを伝えてください。

「できない」、「イライラする」、「落ち込む」というネガティブな感情が出てきた時点で、あなたのエネルギーは低下しています。

その状況で、さらにイライラしたり、落ち込んでしまえば、エネルギーは低下する一方です。

悪循環が続くのです。

ま、そうだよね。

悪循環を断ち切るために、あなたのネガティブな感情や潜在意識に対して、「ありがとう」と感謝の言葉をかけましょう。

スポンサーリンク

不安な自分も受け止める

「イライラする」、「落ち込む」というネガティブな感情は、気にしないようにしようと思うほど、気になるものです。

「イライラする」、「落ち込む」というあなたの感情は、素直にそのまま受け止めてください。

調子のいいときも、調子の悪いとき、すべて自分ですからね。

マクロな視点でとらえると、イライラすることにも、落ち込むことにも大きな意味があります。

イライラしたり、落ち込んだ自分をしっかり受け止めたうえで、「本当は、自分はどうありたいのか」を自分に問うていけばよいのです。

イライラしたり、落ち込んでしまうのは、あなたの思考の傾向性によるものです。

思考の傾向性を持つことにも意味があります。

イライラしたり、落ち込んでしまっても構いません。

でも、ずっとその気分のままではハッピーな気持ちになれませんよね?

いつまでたっても、「できない自分」のままです。

イライラしたり、落ち込んでしまっても、最後はポジティブな思考になれる方法を学びましょう。

ポジティブな思考になれるなら、その方法を知りたいです。

スポンサーリンク

できない自分とサヨナラする ステップ1:肯定

ここからは具体例を挙げながら話を進めていきます。

この具体例でポイントを押さえてください。

ポイントが分かれば、その他の事例にも応用が利くようになります。

できない自分とサヨナラする:具体例

あなたは自分でビジネスを始めたいと思っています。

今の仕事をしながら、新規ビジネスに取り組むには時間が確保できないので、あなたは転職を考えています。

チャレンジしたい思いは強いのですが、うまくいくかどうか不安になってきました。

さらに、好きなことしてお金を稼ぐなんて、そんなうまい話があるのか?とも感じてきました。

若者の「あるある」かもしれませんね。

それでは、話を進めますよ。

具体例によると、「チャレンジしたい思いは強いのだけど、うまくいくかどうか不安になってきた」とありますね。

この「うまくいくかどうか不安になってきた」というネガティブな思いを肯定してほしいのです。

具体的な肯定の仕方は次の通りです。

ネガティブな思いを「肯定」する:具体例

うまくいくかどうか不安になってきました。

→ 「そうだよね、分かるよ!」、「不安になっても全然OKだよ!」

了解です。

まずは、自分のネガティブな思いを肯定すればいいのですね!

スポンサーリンク

できない自分とサヨナラする ステップ2:共感

何に共感すればよいのでしょうか?

あなたが感じたネガティブな思いに共感して、受け止めるのです。

ネガティブな思いに「共感」する:具体例

チャレンジしたい思いは強いのですが、うまくいくかどうか不安になってきました。

さらに、好きなことしてお金を稼ぐなんて、そんなうまい話があるのか?とも感じてきました。

→ 「そうだよね、分かるよ!」、「そりゃ、不安にもなるよね」、「うまくいくのかって思うのが普通だよ」、「うまい話があるのかって思っちゃうよね」

誰でもそうだと思うのですが、ちょっとキビシイ状況になっても、親しい人(友人・恋人・家族など)に話を聞いてもらい、共感してもらえると、心が楽になることありませんか?

自分のツライ状況を、誰かに共感してもらえるとうれしいですよね。

今度は、あなたが、あなたのネガティブな思いに共感してあげるのです。

もしもあなたが、あなたのネガティブな思いに対して否定するとどうなるでしょう。

否定されたエネルギーは、あなたの心の中にとどまります。

そして、新たな一歩を踏み出すあなたの妨げとなるのです。

それは困りますよね(苦笑)

否定するのではなく、あなたのネガティブな思いに共感するのです。

すると、あなたの中にあるネガティブな思いがゆるみます。

心や思いがガチガチに凝り固まった状態で、ポジティブな発想などできません。

あなたのネガティブな思いに共感し、ネガティブな思いをゆるめてください。

ネガティブな思いを肯定し、ネガティブな思いに共感する。

たしかに、共感することで、「ま、いっか」って思えますよね。

スポンサーリンク

できない自分とサヨナラする ステップ3:修正

ステップ1:肯定、ステップ2:共感を踏まえていくと、あなたのネガティブな思いはかなり落ち着いてくるはずです。

そして、本来の自分の思いに向けた、ポジティブな気持ちが芽生えてきます。

そして、この「ステップ3:修正」が最も大事な行為です。

最も大事な内容

具体的には、次のように修正していってください。

ネガティブな思いを「修正」する:具体例

  • ステップ1:「そうだよね、分かるよ!」、「不安になっても全然OKだよ!」
  • ステップ2:「そうだよね、分かるよ!」、「そりゃ、不安にもなるよね」、「うまくいくのかって思うのが普通だよ」、「うまい話があるのかって思っちゃうよね」
  • ステップ3:「でも、自分はやっぱり、好きなことしてお金を稼ぐんだよね!」

大切なことは、ステップ3で、はっきり自分の意思を宣言するのです。

宣言するって、誰に宣言するのですか?

あくまでも、あなた自身です。

あなたが落ち着いた心で自問自答して、ネガティブな思いを修正してください。

そんなにうまくいくのかな?

ネガティブな女性

長い年月をかけて形成された「思考の傾向性」はなかなかに手ごわいものです。

「ステップ1:肯定」ができても、「ステップ:2:共感」がうまくいかずに逆戻り。

あるいは、「ステップ1:肯定」、「ステップ2:共感」までがうまくできても、「ステップ3:修正」がうまくいかず逆戻りすることもあるでしょう。

それでも、少しづつ、これまでのあなたの「思考の傾向性」を上書きしていけばいいのです。

そして、最後は「ステップ3:修正」で、「きっと、大丈夫」と締めくくるのです。

肯定して共感して修正した女性

できない自分とサヨナラする3ステップがすぐにうまくいかなくても大丈夫です。

時間をかけた分、しっかりあなたの潜在意識に届けられるからです。

できない自分とサヨナラするには、このように粘り強く、自分の思考の傾向性に向き合い、自身のネガティブな思いを、肯定→共感→修正していきましょう。

自分の心とじっくり、しっかり対話することが大切なのですね。

自分の心と対話している人
スポンサーリンク

まとめ

「できない自分にイライラする・落ち込む できない自分とサヨナラする3ステップ」をまとめます。

  • イライラする自分、落ち込む自分に感謝する。
  • ネガティブな思いに感謝することで、あなたの潜在意識が、心の奥にあるあなたの本当の気持ちに気づかせてくれる。
  • 「できない自分」「イライラする自分」「落ち込む自分」といった不安な自分も受け止める。
まとめを確認している人
  • 不安な自分を受け止めたうえで、「自分はどうありたいのか」を自分に問うていく。
  • できない自分とサヨナラする3ステップは、肯定→共感→修正。
  • 特に、修正作業(きっと自分は大丈夫と思える気持ちの整理)が大切。
  • 粘り強く、自身の「思考の傾向性」と向き合い、潜在意識を上書きしていく。

自分の感情というか、心はコロコロと揺れ動くものです。

不安になる気持ちは、肯定→共感→修正の3ステップで整えていけばいいのですね。

できない自分にイライラしたり、落ち込んでいるだけでは何も進展しませんからね。

ネガティブな思いも肯定、共感したうえで、修正していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。感謝しています。

以下の記事も合わせて読むと、理解が深まると思いますよ。

著者(管理人)のことが気に入っていただけましたら、Twitterでもフォロー( こちら から)していただけるとうれしいです 。

よろしくお願いいたします!

また、こちらでは、筆者(管理人)が感動した 「偉人たちの勇気の言葉」 を紹介していますので、よかったら覗いてみて下さい。

あなたに贈る 偉人たちの勇気の言葉

コメント

タイトルとURLをコピーしました