なぜ人は言うことを聞かないのか 言うことを聞かない人への正しい対処法

なぜ人は言うことを聞かないのか 言うことを聞かない人への正しい対処法人間関係

子供が言うことを聞かなくて悩んでいます。

そりゃ、子供だって、いつまでも子供じゃないからね。

親の言うことを聞かないでしょ?

私の後輩も、上司や先輩の言うことを聞かない人がいます。

仕事なんですから、それはマズいと思うのですが・・・

なぜ、言うことを聞かない人がいるのでしょうか?

山ノ内公園
山ノ内公園

今回は、そんなあなたのお悩みに寄り添います。

筆者の山ノ内公園はこんな人です。

性別:男性

年齢:アラフィフ

家族:妻、長男、長女

職業:会社員、中間管理職、技術系

好き:スピリチュアル、神社

もっと詳しく知りたい方は、こちらからご覧ください → プロフィール

 この記事で分かること
  • なぜ、言うことを聞かない人がいるのか?
  • 言うことを聞かない人とはどのように向き合えばいいのか?
  • 言うことを聞かない人への対処法

※:この記事は、2~3分で読める内容です。

スポンサーリンク

言うことを聞かない人は学んでいる

言うことを聞かない人は、何を学んでいるのでしょうか?

言うことを聞かない人は、言うことを聞かないとどうなるか?を学んでいます。

でも、そのやり方だったら失敗するって分かっている人にとっては、失敗してほしくないので、言うことを聞いてほしいのですが。

失敗をどう受け止めるか、次第だと思いますよ。

人は成功から学ぶことよりも、失敗から学ぶことの方が多いのです。

いいじゃありませんか、どんどん、失敗してもらえれば!

でも、それだと可哀そうではありませんか?

そもそも、言うことを聞かないのは、「言うことを聞きたくない」理由があるからです。

言うことを聞きたくない理由を聞いたことはありますか?

・・・

もちろん、法に触れる行為や、犯罪行為は絶対にNGですよ。

でも、それ以外は、失敗から学ぶことも大切な気がしています。

そして、本人がそれを望んでいるのなら、それを尊重してあげてはいかがでしょうか?

自ら失敗を望んでいるとは思えないのですが。

人の言うことを聞かない人が望んでいるのは、決して、失敗ではありません。

自分で体験したいのです。

何事も、体験しないと分からないですよね。

でも、マイナスとなることは、あえて体験することもないと思いますよ。

その通りですね。

ただ、ここで確認しておきたいのは、以下の体験はマイナスといえるのでしょうか?

  • 忘れ物をするとどうなるか?
  • 勉強しないとどうなるか?
  • 遊んでばかりいるとどうなるか?
  • 仕事をしないとどうなるか?
  • 親の言うことを聞かないとどうなるか?
  • 上司の言うことを聞かないとどうなるか?

ずっと、そのスタンスを変えないとしたらマイナスだと思うけど・・・

痛い目に合わないと分からないこともあるよね。

親や子供に「痛い目に合わせたくない」という気持ちはよく分かりますよ。

でも、目的は、痛い目に遭わないことではないですよね?

子供が立派に成長することではないでしょうか。

親心は理解しますけどね。

でも、ビジネスにおいて、上司の言うことを聞かない部下はマズいと思います。

上司の役割の一つには、部下の育成も含まれます。

私は部下によっては、上司の言うことを聞かずに、痛い目に遭うことで成長する部下もいると思っています。

もちろん、いつまで経っても言うことを聞かないのは論外ですよ(笑)

随分と、「性善説」のようにも聞こえますが。

人の話を聞く人は聞けばいいと思います。

人の話を聞かない人に、「なんで人の話を聞かないんだ」だとか、「人の話を聞かないと〇〇になるぞ!」と言ったところで、聞かないものは仕方ないのです。

そこで、感情的になるくらいであれば、ひとまず、相手のことを信じてあげましょう。

誰しも、何度も痛い目には遭いたくないハズです。

私は、人の話を聞かない人たちは、自分で経験して、自分で学びたい人たちなのです。

スポンサーリンク

言うことを聞かない人は、その人の”さだめ”である

相手を信じてあげることです。

言うことを聞かない人に対して、「このままではいけない」、「なんとかしなくては」、「どうにかしなくては」と考えていては、あなたもストレスですよね。

すっごいストレスですよね。

他者を変えることはできません。

変えることができるのは自分だけです。

変えることのできない他者のことで、あなたが悩み続けるのは、本当に勿体ないことです。

たしかに、勿体ないよね。

私には子供が二人います。

子供には、余計な痛い目に遭ってほしくありません。

親として、人生の先輩として、アドバイスはします。

でも、こちらの話を聞いてもらえないとしたら、それは仕方のないことなのです。

だったら、腹をくくって、子供のことを信じようって思っています。

これは、職場の部下においても同じです。

上司の話を聞かない部下は一定数います。

でも、彼らには、彼らなりに「話を聞きたくない」理由があるのです。

その結果、部下が失敗してしまっても、大事にならない範囲で上司がリカバーすればよいと思います。

カッコいいですね!

親子の関係よりも、職場の上司・部下の関係の方が、言うことを聞いてくれます。

いずれにしても、人の話を聞かない人というのは、自分で経験して、自分で学びたいという”さだめ”なのだと思いますね。

スポンサーリンク

言うことを聞かない人への対処法

言うことを聞かせることってできるんですか!?

先ほども申しましたが、言うことを聞かない人を変えることはできません。

あなたが変えることができるのは、あくまでもあなた自身です。

それでは、ここでいう「言うことを聞かない人への対処法」とはどういうことですか?

言うことを聞かない人に対して悩んでいる、あなた自身への対処法です。

①変えることがことができるのは、相手ではなくあなた自身である。

まず、この大原則をしっかり理解して下さい。

自分に解決できる悩みと、解決できない悩みを混同することほど、無益なことはありません。

これは、有名な心理学者であるアフルレッド・アドラーも説いています。

あなたは、あなたが出来ることにベストを尽くすべきです。

②「なんとかなる」、「どうにかなる」と思う。

言うことを聞かない人に対して、「このままではいけない」、「なんとかしなくては」、「どうにかしなくては」と考えていては、あなたもストレスですよね。

「なんとかしなくては」、「どうにかしなくては」と考えるのはやめましょう。

そして、「なんとかなる」、「どうにかなる」と考えてみてください。

そんな、他人事みたいに・・・

そんなことはありませんよ。

何より、私たちが、本日、ここまで生きてこれたのは、「なんとかしてきた」からですか?、

「どうにかしてきた」からですか?

それだけではないですよね?

生きていれば、自分の力ではどうにもならないようなこともたくさんあります。

「どうして自分が!」って思うようなこともいくつかありましたよね?

でも、なんとかなったり、どうにかなったりしてきたものではありませんか?

うん、そうなんだよな。

自分の力だけで、なんとかしたり、どうにかすることはもちろん大切だと思う。

でも、意外となんとかなったり、どうにかなったりしているんだよね。

先ほど、 アドラー心理学:課題の分離 でも紹介しましたが、自分で解決できることと、自分で解決できないことを混同してはいけません。

混同したら、あなたが苦しくなるだけです。

明確に、分けて考えなくてはいけません。

そして、「神は、乗り越えられない試練を与えない」とも言うじゃありませんか?

だから、大丈夫なんですよ。

③相手の可能性を信じること

言うことを聞かない人には、イライラやモヤモヤを感じるものです。

これは、結局のところ、相手の可能性を信じていないからなんですよね。

言うことを聞かない相手に対しては、「自分軸で生きていて偉いな!」だとか、「ちゃんと、自主性を持っているんだな!」って尊重してあげてましょう。

ただし、気を付けてほしい点があります。

何でしょうか?

言うことを聞かない相手に対して、「こいつはダメだ、どうにもならない!」って思わないことです。

思ってしまいそうですけどね・・・

どうして、そう思ってはいけないのでしょうか?

「こいつはダメだ、どうにもならない!」って思うと、そのような「波動」を相手に送ることになるからです。

「波動の法則」は「与えたもの=受け取るもの」です。

ですので、あなたが「ダメだ、どうにもならない!」という「波動」を受けることになります。

波動の法則について、興味のある方は、こちらの記事もご覧下さい。

言うことを聞かない人に対して、「こいつはダメだ、どうにもならない!」と思うのではなく、「自分軸で生きていて偉いな!」だとか、「ちゃんと、自主性を持っているんだな!」と思って下さい。

そのポジティブな波動に、あなた自身が包まれるのです。

スポンサーリンク

まとめ

「なぜ人は言うことを聞かないのか 言うことを聞かない人への正しい対処法」のまとめは以下の通りです。

  • 言うことを聞かない人は、言うことを聞かないとどうなるかを学んでいる。
  • あなたは、その「学び」の邪魔をすべきではない。
  • 言うことを聞かない人は、”さだめ”とも言える。
  • そのような相手を、あなたは変えることはできない。
  • あなたが変えることができるのは、あくまでもあなた自身である。
  • 解決できる課題と、解決できない課題は混同してはならない。
  • アドラー心理学:課題の分離
  • 「なんとかしなくては」、「どうにかしなくては」ではなく、「なんとかなる」、「どうにかなる」と相手の可能性を信じてあげること。
  • 波動の法則:「与えるもの=受け取るもの」
  • 実際に、なんとかなったり、どうにかなったりするのが世の中である。

確かに、解決できない課題に対して、イライラ・モヤモヤするのは得策ではありませんね。

終わりに

心理学者のアドラーは、『人生の悩みはすべて「人間関係」でできている』と説きました。

アドラー心理学を学ぶと、人間関係をより円滑に、スムーズにさせることができます。

以下は、アドラー心理学の主要なポイントを、分かりやすくまとめた記事です。

よろしければ参考にして下さい。

アドラー心理学① あいつには負けたくない 優越感と劣等感

アドラー心理学① あいつには負けたくない 優越感と劣等感の向き合い方
心理学者のアドラーは、優越感と劣等感について説いています。 優越感と劣等感は反対の概念のようにも感じますが、優越感も劣等感も根っこの部分は実は同じです。 いずれも誰かと比べて、勝てば優越感、負ければ劣等感を感じるというものです。 優越感と劣等感の向き合い方を紹介します。

アドラー心理学② 誰もが抱える人生の3つの課題 仕事・交友・愛

アドラー心理学② 人間関係にまつわる3つの課題 仕事・交友・愛
アドラー心理学では、人のあらゆる悩みは人間関係にまつわる3つの課題(仕事・交友・愛)に集約されると説いています。一方で、仕事・交友・愛といった3つの課題に対する取り組みの度合いは人それぞれです。まずは自分がどのライフ・タスクを重視しているのかを理解しましょう。

アドラー心理学③ 課題の分離とは 課題の分離は冷たくない

アドラー心理学③ 課題の分離とは 課題の分離は冷たくない 課題の分離のコツを解説
責任感を持つことは決して、悪いことではありません。しかし、責任感の強い人ほど、多くの課題を背負い込み、首が回らなくなります。その結果、お手上げ状態になってしまうと、結局は、あなたもあなたの周囲も不幸です。そうならいためにも、「これは誰の課題なのか」と自問自答するようにして下さい。

アドラー心理学④ あなたはなぜ他人と関わりたくないと感じるのか?

アドラー心理学④ あなたはなぜ他人と関わりたくないと感じるのか?
アドラー心理学では、すべての悩みは、対人関係の悩みだと説いています。あなたは、なぜ、他者との関りで悩むのでしょうか?あなたは、他者をどのように見ていますか?人間関係において悩みを作り出しているのは、他者を敵だと捉える考え方にあります。でも、他者は本当にあなたの敵なのでしょうか?

アドラー心理学⑤ トラウマ

アドラー心理学⑤ トラウマ アドラー心理学を学んでトラウマを消そう
あなたは「トラウマ」があるから〇〇できない、と考えたことはありませんか? これは本当はやりたくないことを、できないことにしてごまかしているだけです。このことを自己欺瞞(=自分を欺くこと)といいます。 しかし、トラウマはあなたの思い込みと意味付けが作り出した偶像にすぎません。

アドラー心理学⑥ 意味づけとは何か? なぜ人は意味づけてしまうのか?

アドラー心理学⑥ 意味づけとは何か? 間違った意味づけを変える方法
アドラー心理学では意味づけについて説明しています。 なぜ人は、誰かや何かに意味づけをするのでしょうか? それは意味づけをした方が、便利で楽に生きられるからですが、間違った意味づけには注意が必要です。 この記事では、アドラー心理学における意味づけについて解説します。

もっと、本格的にアドラー心理学の勉強をしたい方には、こちらもオススメですよ

↓↓↓↓↓

【日本統合医学協会】アドラー心理学検定1級講座

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝いたします。

もし、私のブログが気に入っていただけましたら、Twitterでもフォロー( こちら から)していただるとうれしいです。

はてなブックマークもしてくれるとうれしいです。

筆者の山ノ内公園は、あなたの様々なお悩みに寄り添いたいと考えています。

ぜひ、あなたの声を聞かせて下さい。

このブログからコメントいただいても結構ですし、ツイッターからでも結構です。

なんでもお気軽にご相談くださいませ。

山ノ内公園

コメント

タイトルとURLをコピーしました