謙虚と謙遜の意味の違いとは? 褒められたとき謙虚と謙遜、どちらがいいの?

セルフマネジメント

よく、謙虚と謙遜は違いますっていいますよね?

どのように違うのか、自分なりに腹落ちするまで考えてみたことはありますか?

あんまり、深く考えたことはなかったよ

この記事を読んでもらいたい方

誰かに褒められると、「そんなことないですよ!」といってしまう方

誰かに褒められると、「ありがとうございます」と感謝するのが苦手な方

そんなこと言ったって・・・誰かに褒められたら、つい「そんなことないですよ」って言ってしまいませんか?

管理人
管理人

今回は、そんなあなたのお悩みに寄り添いたいと思います!

スポンサーリンク

謙虚と謙遜の違いとは

私たちが意識することなく使っている、謙虚と謙遜。

改めて、謙虚と謙遜の言葉の意味を確認してまいりましょう。

謙虚とは

ひかえめでつつましやかなさま。自分の能力・地位などにおごることなく、素直な態度で人に接するさま。

謙遜とは

自分の能力・価値などを低く評価すること。控えめに振る舞うこと。

管理人
管理人

ご感想はいかがですか?

正直、あまり違いはないように使っていましたが・・・

改めて比較してみると、謙虚と謙遜は少しどころか、ずいぶんと意味合いが違いますね!

そうだね!

両方とも「控え目」という共通点はあるものの、謙遜の方は「自分の能力・価値などを低く評価」することなんだね。勉強になりました。

スポンサーリンク

ほめられたときに、謙遜すべきでない理由とは

謙虚とは

ひかえめでつつましやかなさま。自分の能力・地位などにおごることなく、素直な態度で人に接するさま。

謙遜とは

自分の能力・価値などを低く評価すること。控えめに振る舞うこと。

ここで、改めて、誰かに褒められたシーンを想像してみましょう。

多くの人は「そんなことありませんよ!」って答えていませんか?

はい、それがお決まりのように、ずっと、そう答えていました。

管理人
管理人

ちなみに、なぜ、それがお決まりだと思っていたのですか?

まず、誰かに褒められても「社交辞令」じゃないかと感じていたのと、「謙虚にすべき」と思っていたからです。

うん、私もそうだね!

管理人
管理人

なるほど、そのお気持ちは分からなくもありません。

私たちがそのように感じるのは、そのように育てられてきたからだと思うのですね。

そのうえで、せっかく誰かがあなたを褒めてくれたのに、「そんなことありませんよ!」なんて答えたら、相手に対して失礼だともいえませんか?

そうなんですかね・・・?

管理人
管理人

例えばですが、自画自賛している人のことを想像してみて下さい。

その人が「私って仕事ができるでしょう!」って言ってきたら、なんて答えますか?

相手との人間関係にもよりますが・・・

上司、親しくない同僚、お客様だとしたら「そうですね!」と答えるでしょうね。

管理人
管理人

その通りだと思うのです。

「そうですね!」と答えるのは、相手に対する「肯定」ですよね。

心の中の思いはさておき・・・

このとき、さきほどのように「そんなことありませんよ!」なんて答えようものなら、相手に対してケンカを売っているようなものです。

確かにその通りですね。

それは分かりますけど・・・

でも、実際に自分が誰かに褒められても、自分に自信がないせいもあるのか、やっぱり、「そんなことありませんよ!」って言ってしまいそうです。

スポンサーリンク

ほめられたときに、謙虚に感謝すべき理由とは

なるほど、「謙虚にすべき」の背景にある気持ちは、「自分に自信がない」ということなのですね。

でも、安心して下さい。

褒めている相手は、あなたに自信があるかないかなど気にせずに褒めているのです。

うん?

考えてみて下さい。

皆さんが誰かを褒めるとき、いちいち、「この人、自分に自信があるんだな」って思いながら褒めていますか?

それ以前に、まず、「この人、素晴らしいな!」って思う気持ちが先にあるのではありませんか?

その通りだと思います。

基本的には、相手の何かに感動して褒めているのだと思います。

私もそうかもな!

全く、褒めるに値しないようなことを褒めるのは、さすがに嫌味のような気がするし・・・

管理人
管理人

ですよね?

相手を褒める背景には、様々な思いがあるにしても、「全然、思ってもいないことを褒める」ことはないと思うのです。

言われてみると、そうかもしれませんね。

でも、褒められても「大したことではない」と感じるときもあるのではないでしょうか?

そんな人は、なおさら「ありがとうございます」と感謝した方がよいのです。

何故かというと、「自分では大したことない」と思っていたけど、「相手にしてみれば、そうではなかった」と自分の価値を再認識させてくれたのですから!

なるほど! 素晴らしいですね!

その通りだと思います。

ほめられたら、まず「感謝」するようにしましょう。

「感謝」とは「ありがとうございます」とか「うれしいです」でよいと思います。

本当に大事なことなので、再度、謙虚と謙遜の違いを紹介しますね。

謙虚とは

ひかえめでつつましやかなさま。自分の能力・地位などにおごることなく、素直な態度で人に接するさま。

謙遜とは

自分の能力・価値などを低く評価すること。控えめに振る舞うこと。

誰かに褒められたら、素直に、「ありがとうございます」、「うれしいです」と答えればよいのです。

決して、「そんなことありませんよ!」などと自分で自分を低く評価する必要は何もないのです。

誰だって、褒められたら「うれしい」ですよね?

「うれしい」ときには何と答えますか?

ありがとうございます、ですね!

もし、それでも、まだ、「謙虚でいたい」という気持ちがあるのなら、「皆さまのおかげですよ」などと付け加えてはいかがでしょうか?

ありがとうございました。とてもスッキリしました。

また、同じような表現(意味合い)でも、ポジティブな言葉で表現すると、ネガティブな言葉で表現するのとでは、相手に与える印象が随分と変わってきます。

言っている本人に悪気はないと思うのですが、だからこそ、ちょっとだけ気を付けた方が、あなたにとっても、周囲の人にとっても幸せなことだと思います。

そうでしたね! ちょっと言い方を変えるだけで、相手に伝わる印象は随分と変わるものですよね。

管理人
管理人

セクハラにしても、パワハラにしてもそうだと思うのですね。

大切なことは、何を言ったか、何をしたかではなく、相手にどう伝わった?、相手がどう感じたか?だと思っています。

このような話をしたり、このような記事を読んだときには「うん、うん!」って思うんだけど、時間が経つと、つい、忘れちゃうというか、元の自分に戻っていることってあるよね?

どうしたらいいと思う?

管理人
管理人

普段、自分が口にしている言葉や態度、表情について、意識してみるといいと思います。

何事も、意識しないと変えることは難しいと思います。

そして、意識しながら、習慣に変えていけばいいと思います。

習慣化のテクニックについては、こちらの記事で分かりやすくまとめています。

努力がいらないって、魅力的ですよね!

いずれにしても、謙虚と謙遜は違うことがよく分かりましたね!

誰かに褒められたら、謙遜せずに、素直に「ありがとうございます」と、感謝するようにしていきたいものですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。感謝しています。

著者(管理人)のことが気に入っていただけましたら、Twitterでもフォロー( こちら から)していただけるとうれしいです

よろしくお願いいたします!

また、こちらでは、筆者(管理人)が感動した 「偉人たちの勇気の言葉」 を紹介していますので、よかったら覗いてみて下さい

その他、著者(管理人)である山ノ内公園に疑問・質問・ご相談したいことがございましたら、お気軽にコメントを書き込んで下さい。ツイッターからDMいただいても結構ですよ。

【無料】性格分析はこちら恋愛・結婚にもコツがあります。
アイピック性格分析で発見。自分のカタチ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました