自分を変える「よい習慣」の身につけ方 無理せずできる「よい習慣」の身につけ方

自分を変える「よい習慣」の身につけ方 無理せずできる「よい習慣」の身につけ方セルフマネジメント

みなさん、こんにちは

ご訪問いただき、ありがとうございます

感謝いたします

ちなみに、筆者(管理人)はこんな人ですので、プロフィールも覗いていただけるとうれしいです

今回は、『自分を変える「よい習慣」の身につけ方 無理せずできる「よい習慣」の身につけ方』と題して、私の考えを紹介したいと思います。

習慣って大事ですよね!

でも、無理せずできるって本当ですか?

そうだぞ!習慣ってなかなか身に付かないぞ。

好きなことなら、意識しないでも継続しちゃいますけどね。

健康のためには運動しなくちゃと思うけど・・・

最初の一歩を踏み出すことも難しいわね。

管理人
管理人

みなさん、コメントありがとうございます。

誰しも、よい習慣を持ちたいと願うものですよね!

それでは早速、習慣とは何か?という全体像から紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

習慣とは何か?よい習慣とわるい習慣の違い

管理人
管理人

分かりやすく申しますと、習慣とは「あなた自身がこれまでの人生で培ってきたもの」と考えることができます。

これまでの人生で培ってきたものですか?

管理人
管理人

はい。

あなたにとって、それが「心地よい」から習慣化されているのです。

たしかに。

私はピアノを弾くのが好きだから、毎日、ピアノを弾いているのかもしれませんね。

私もお酒が好きだから、毎日飲んでいるんだよな~

お酒は気分をリフレッシュさせてくれるけど、毎日は飲みすぎかなって思うよね。

管理人
管理人

そうですよね。

その気持ち、すっごくよく分かります。私もお酒が大好きですから!

毎日、飲んでいるんですか?

管理人
管理人

は、はい!

えっと・・・

誰しも「よい習慣」は持続させたいし、「わるい習慣」は断ち切りたいと願うものです。

頭では分かっていても、それが行動につながっていない、あるいは習慣化されていないのは、どうしてだと思いますか?

う~ん。

やっぱり、意思が弱いからなんですかね?

管理人
管理人

一般的に、「わるい習慣」は、努力が不要で快楽が伴います。

一方、「よい習慣」は、努力が必要で苦痛を伴うと言われています。

以下をご覧ください

「よい習慣」:早寝早起き、勉強、運動、読書など

「わるい習慣」:寝坊、遅刻、喫煙、飲酒など

喫煙はともかく、適度な飲酒は悪くないと思いますけど・・・

毎日、飲んでいるんですよね?

まあまあ・・・

続きをお願いできますか?

管理人
管理人

あ、ありがとございます!

それでは気を取り直して、「感謝が及ぼす影響」について紹介いたします。

スポンサーリンク

習慣が人格を形成する。よい習慣を身につけよう

管理人
管理人

一般的に「習慣は第二の才能である」とか、「習慣が変われば、人生が変わる」などと言われていますよね?

自己啓発本などで、似たようなことが記載されていたように思います。

管理人
管理人

そうですよね。

私も数々の自己啓発本や、経営者の書かれた本を読んできました。

みなさん、習慣について、とても大切に考えられています。

経営者の習慣って気になりますね!

管理人
管理人

私の見解で恐縮ですが、私は、習慣が「人格を形成する」と考えています。

習慣が人格を形成する?

さすがにそれは、飛躍しすぎじゃないの?

管理人
管理人

決して飛躍しすぎではありません。

というのは、人格は「具体的な行動」となって表れるからです。

お店をやっている人は、お店の雰囲気にその人の人格が現れてきますよね?

モノづくりをされている人は、作っているモノにも人格が現れてくると思います。

たしかに、そうですね。

いつもマスターがイライラしているようなカフェでは、落ち着いて過ごすこともできませんよね。

管理人
管理人

因果(原因と結果)を考えた場合、習慣こそがすべての原因といっても、言い過ぎではないと思っています。

スポンサーリンク

無理せずできる「よい習慣」の身につけ方のコツ

管理人
管理人

誰しも、自分の人生をよりよいものにしたいと願っています。

はい、その通りです。

管理人
管理人

自分の人生をよりよいものにしたいのであれば、「よりよい習慣」を身に付けていくことが大切です。

でも、さっき、 「よい習慣」は努力が必要で苦痛を伴う、って言いましたよね?

管理人
管理人

はい、その通りです。でも、ご安心ください。

なぜなら、その努力と苦痛は「一時的なもの」だからです。

ちょっとしたコツがあるんですよ。

どういうことかしら?

管理人
管理人

すでに、みなさんもご経験があると思います。

よい習慣と言われる「勉強・運動・読書」などが、ある程度、習慣化されてきた状況を思い浮かべていただけませんか?

うん。思い浮かべてみましたよ。

管理人
管理人

習慣化された「勉強・運動・読書」をしなかったときに、どんな気持ちになりますか?

妙な「気持ち悪さ」を感じます。

調子が狂う感じもしますよね。

管理人
管理人

それが習慣の醍醐味なんです!

「わるい習慣」を断ち切るのが難しいように、「よい習慣」も中断すると「気持ち悪さ」を感じるものです。

よい習慣を身に付けるコツのようなものはありますか?

管理人
管理人

意識してほしいのは「無理は禁物」ということです。

自分のためにと「高いハードル」を設定しがちですが、これは「できない理由を正当化」させる合理的な根拠となります。

継続しない、継続できない「言い訳」にしてしまう、ということでしょうか?

管理人
管理人

ジョギングなどもそうですが、いきなり10km走ったとしましょう。

後日、どうなると思いますか?

筋肉痛になって、ジョギングする気など起きないでしょうね。

管理人
管理人

500mあるいは、1kmくらいの散歩だったらどうでしょうか?

雨が降ったり、体調が悪くなければ、次の日も散歩するでしょうね。

管理人
管理人

そうなんですよ。

実際、500mを散歩しようと思って、いざ外出してしまうと、もっと歩きたくなったりしませんか?

分かります!

読書なんかそうですよね。

数行読もうかなっと思って本を開いても、大抵、数ページ読んだりしますね。

管理人
管理人

他には、行動に「創意工夫」を加えることも大事なコツです。

創意工夫ですか?

どういうことでしょうか?

管理人
管理人

例えば、読書でしたら、「寝る前に読む」、「トイレでも読む」、「お風呂で読む」など、取り組む状況を変えてみることをお勧めします。

ジョギングだったら、少しコースを変えるとか、音楽を聴きながら走るとか。

なるほど!

最近、サッカーの練習がマンネリ化していたので、創意工夫を加えてみます。

毎日の飲酒の習慣を断ち切るには、どんな創意工夫がいいと思いますか?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。感謝いたします。

気に入っていただけましたら、Twitterでもフォロー( こちら から)していただけるとうれしいです 。

よろしくお願いいたします

また、こちらでは、筆者(管理人)が感動した「偉人たちの勇気の言葉」を紹介していますので、よかったら覗いてみて下さい。

筆者の山ノ内公園は、あなたの様々なお悩みに寄り添いたいと考えています。

ぜひ、あなたの声を聞かせて下さい。

このブログからコメントいただいても結構ですし、ツイッターからでも結構です。

なんでもお気軽にご相談くださいませ。

山ノ内公園

コメント

タイトルとURLをコピーしました