ゆでガエルになるな ゆでガエルかも?って感じたら、新たな一歩を踏み出そう

ゆでガエルになるな ゆでガエルかも?って感じたら、新たな一歩を踏み出そうセルフマネジメント

みなさん、こんにちは

ご訪問いただき、ありがとうございます

感謝いたします

ちなみに、筆者(管理人)はこんな人ですので、プロフィールも覗いていただけるとうれしいです

今回は、「ゆでガエルになるな ゆでガエルかも?って感じたら、新たな一歩を踏み出そう」と題して、私の考えを紹介したいと思います。この記事は、以下の方々に読んでいただければうれしく思います。

①自分がゆでガエルになりつつあるかなと感じた方

②新たな挑戦への一歩が踏み出せない方

③失敗しないよう何も行動を起こさない方

スポンサーリンク

ゆでガエルとは

ゆでガエルについて簡単に説明させていただきます。

カエルを熱湯に入れるとどうなると思いますか?

そりゃ、熱くて飛び出すわな!

その通りですね。

では、カエルを常温の水に入れて、じわじわと水を熱していくと、カエルはどうなると思いますか?

知ってるよ!

熱さに気づいたときには、時すでに遅しで、茹で上がっちゃうってやつでしょ。

そうですね。

カエルが可哀想なので、本当にそうなるか試したことはありませんが、実際は水温が上がるにつれて、カエルは激しく逃げようとするそうですよ。

え!

それは知らなかったよ。

経営コンサルタントや心理学者が「表現の一種」として用いることは多いですが、あくまでも寓話だそうです。

そうなんですね。

でも、人生を語る上では、とても心に響く表現だと思いますね。

僕も寓話とは知りませんでした。

さて、人生とは、常に何かに向かって進んでいくものですよね。

もちろん、ときには、休憩することもあるでしょう。

でも、ずっと立ち止まって休憩しているわけにはいきません。

たまに、ずっと休憩しているような人もいるけどな。

まぁ、それはそうかもしれませんが・・・

その人には、その人の学びがありますからね。

あくまで、一般論で考えた場合の話ですよ。

そうですね。

自分が立ち止まったところで、世の中そのものは動いていきますからね。

ずっと、休んでいるわけにはいかなと思います。

そうなんですよね。

あなたが休憩していても、あなたの周りはどんどん進んでいってしまうのです。

あなたが何もしないと、何も起きないのではありませんよ。

あなたが何もしないと、あなただけが、周囲から・世の中から、取り残されて行ってしまうのです。

つまり、何もしないのはよくないと・・・

もちろん、休憩は大切です。

たまに、じっとすること。ボーとすることは大切です。

でも、常にそうしているわけにはいきません。

何をすればいいか分からない。

どうしたらいいか分からない。

それでも、前に進むしかないのです。

とはいえ、何をしたらいいのか、どうしたらいいのか分からないとしたら、立ち止まってしまいませんか?

私は以前、Twitterで次のようにつぶやきました。

なるほど!

勇気をもって、何ができるか、何が分からないかを深堀してみろってことですね!

ありがとうございます。その通りです。

マークシートのテストもそうだと思うんですけど、分からないところを塗りつぶさなければ、確実にゼロですが、塗りつぶせば、偶然でも当たる可能性もありますよね。

とにかく、行動することが大切だと思うんですよね。

いや、言ってることはよく分かりますよ!

僕はとりあえず適当に塗りつぶすタイプですから。

いや、私もそうです(笑)

人生においても、何か分からないことがあっても、とりあえず動いてみることが大切なんですね。

私はそう思っています。

そして、成功している人はみな、なにがしかの行動を起こしている人だと思います。

失敗したって、構わない。

むしろ、何もしないことが真の失敗だと思いますよ。

そうですよね。

失敗から学ぶこともたくさんありますよね。

行動って大切だと思います。

スポンサーリンク

あなた、ゆでガエルになってませんか?

ゆでガエルの寓話のように、何もしないことが真の失敗だと思います。

何もしないと茹で上がってしまいますからね。

そうですね。

とにかく動くことが大切ですよね!

その通りです。

まず、とにかく動いてみる!

そして、間違っていたら、動きながら修正していけばいいのです。

頭の中でいろいろと考えることも大切です。

でも、行動してみないと分からないことの方が多いと思います。

それに、じっくり考えたことでも、行動してみると、間違っていたってことありますからね。

仕事におけるPDCAと一緒ですよね。

とにかく仮説を立てて行動すること。

それを検証し、修正していけばいいのですから。

さすがですね。

「何も考えずに動け!」というつもりはありません。

考えて、仮説を立てればいいのです。

大切なのは行動して、検証すること。

仮説を立てるところで立ち止まっていたら、その先に進めませんからね。

上司によくそのように言われます!

スポンサーリンク

ゆでガエルからオサラバしよう!

それでも、「仮説が立てられない」という方もいるといます。

また、「仮説は立てたけど、行動を起こす勇気がない」という方もいるといます。

そうですよね。

その場合はどうすればよいのでしょうか?

まず、「仮説が立てられない」という方は、あまり仮説の精度を気にしないで下さい。

結論からいうと、仮説がぴったりハマるってことの方が少ないですから。

安心して下さい。

みんなたくさん失敗しています。

失敗を恐れないでくださいね。

次に、「仮説は立てたけど、行動を起こす勇気がない」という方は、失敗して傷つくことが怖いのかなって感じています。

そうだと思います。

もし、あなたが失敗しても、誰も何も言わないとしたらどうでしょうか?

誰もがあなたの失敗に無関心ということです。

う~ん、それはそれでさみしいけど・・・

だれも自分に関心がないとしたら、失敗も怖くないかもしれませんね。

良くも悪くも、他者はあなたが思うほど、あなたに関心がありません。

あなたが何かで失敗しても、他者はあなたが思うほど、どうこう考えていないものです。

気にしないのが一番です。

と言われても、気にしちゃうんですよね。

ま、そうでしょうね。

それはきっと、あなたが周囲に対して敏感(センシティブ)だからなのかもしれません。

自分がそうだから、周囲もそうなんだろうって思いますよね。

でも、鈍感といったら失礼かもしれませんが(笑)、周囲にあまり関心がない人も多いです。

僕なんか、まさにそのタイプです。

私は周囲に関心がないわけではありません。

もし、誰かが失敗したら、助けてあげたいと思います。

私もそうです。

自分が失敗したときに、いっぱい助けてもらいました。

だから今度は、自分が誰かを助けたいと思っています。

みんな、いい人だな~

ですので、失敗を恐れず、どんどんチャレンジして下さい。

今日で、あなたもゆでガエルとはさよならしましょう!

大丈夫です!

きっとうまくいきますよ!

それでもまだ、心配してしまう方は、以下の記事も参考になると思います。

他者を敵と思うか、仲間と感じるか? こちらの記事もお勧めです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。感謝いたします。

気に入っていただけましたら、筆者の山ノ内公園をTwitterでもフォロー( こちら から)していただけるとうれしいです 。

よろしくお願いいたします

また、こちらでは、筆者(管理人)が感動した「偉人たちの勇気の言葉」を紹介していますので、よかったら覗いてみて下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました