スピリチュアル講座 嫌いな人・苦手な人との正しい向き合い方とは?

スピリチュアル講座 嫌いな人・苦手な人との正しい向き合い方とは?スピリチュアル

人生って、楽しく過ごしたいじゃん。なんで、嫌な人や嫌なコトが現れるんだろうね?

なんで?って、改めて問われると・・・難しい問題ですね。というか、そもそも、答えがあるのでしょうか?

少なくとも、学校の授業では習うことのないテーマかもしれませんね。哲学や心理学はこういうところを深掘りしていくのかな?

いやいや・・・学問で体系的に学べるのなら、人生だれも苦労しないだろう!

管理人
管理人

今回は、そんなあなたのお悩みに寄り添いたいと思います!

スポンサーリンク

なぜ、嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコトが現れるの?

まさか、あんた答えられるの!?

管理人
管理人

あくまでも、私なりの考えですけどね!

とても興味があります、是非、お聞かせ下さい!

管理人
管理人

私なりの考えという前提付きで恐縮ですが、そもそも、なぜ、人は生まれてくると思いますか?

あちゃ~・・・もっと、難しいテーマをぶつけてきたよ!

もはや哲学的というか、宗教的な話なので、個人の主観としてしか回答できない領域ですよね~

管理人
管理人

その通りなんですよ!

ここで私が「〇〇だからです!」って言いきったところで、それを客観的に証明する術はありませんし、その一方で、私の主張を科学的に否定することも難しいと思います。

私はスピリチュアルは好きな方ですが、現時点で完全に「引き寄せの法則」なども科学的に証明されたわけではないと思っています。

そりゃそうだろ!科学的に証明されたら、みんな望むことを引き寄せられるじゃないか!

管理人
管理人

引き寄せを語るとき、量子力学や波動といった、科学的なアプローチから入る方も多いですが、それが科学的に証明できるのであれば、万人に、客観的に再現してほしいという思いはあります。

とは言いつつも、私は引き寄せの法則を信じていますけどね!

おいおい・・・あんたは再現性のないことを自信を持って信じているっていうのかい?

管理人
管理人

はい!

明確に否定することも証明できないからです。

そこなんですよね!科学的に証明できないこと、再現性のないことを信じるか信じないかは人それぞれですよね。

分かった!じゃ、聞くけど、人はなんで生まれてきたの?

管理人
管理人

私は、人が生まれてくる目的は、魂を磨くことだと考えています。

とすると、生まれたときの魂をゼロとして、そこからどこまでレベルを上げることができるか?みたいな感じ?

管理人
管理人

いえ、そうではありません。人は生まれ変わります。

つまり、生まれた時点で魂のレベルがプラスの人もいれば、マイナスの人もいると思いますし、プラスマイナスの中でも、レベルの高い人・低い人も様々だと思います。

生まれ変わりね~

まぁ、それは「あぁ、そうなんですね!」って受け入れられるよ。信じるか信じないかは、人それぞれだと思うけどね!

つまり、人が生まれる目的、生まれ変わる目的は、「魂を磨く」ことであり、その魂は過去からずっと引き継がれている、ということでしょうか?

管理人
管理人

はい、その通りです。

じゃ、「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコトが現れるの?」という問いの答えも、「魂を磨くこと」なのかい?

管理人
管理人

はい、その通りです。

「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコト」にも挑戦していく、ということなんですね!

スポンサーリンク

嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコトとはどう向き合えばいいの?

管理人
管理人

えっと・・・

以前の私は、「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコト」に対して、「挑戦」していくものだと思っていました。

では、今はそう思っていない、ということですか?

管理人
管理人

思っていないというか、適切でないと思うようになりました。

といいますと?

管理人
管理人

「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコト」に対しては、「挑戦」していくというより「学んでいく」ものではないのかな?って思うようになってきたのです。

・・・ 「挑戦」することで、「学んでいく」ものではないのでしょうか?

管理人
管理人

以前(20~30代)の私は、挑戦することそのものが目的になっていた時期もあったように感じています。分かりやすく言うと、「何のために挑戦するのか?」という目的意識が明確ではなかったのです。

管理人
管理人

「挑戦」というか「行動」しないと、「経験」は積めません。

そして、「経験」しないと、「学ぶ」こともできません。

では、「学ぶ」ために「行動」するようになった、ということですか?

管理人
管理人

もちろん、すべての「行動」に、いちいち「学び」を求めているわけではありません。

ただ、「学ぶ」ことを「意識」するようになったのは事実です。

なんかよく分からんけど、それであんたは何がどう変わったの?

管理人
管理人

「すべての出来事には意味がある」ということを、より深い次元で感じるようになりました。

そして、「すべての出来事は自分にとって、必要・必然・ベストなタイミングで起こる」という船井幸雄さんの教えを、より深い次元でその通りだと思えるようになったのです。

船井幸雄さん

1933年1月10日~2014年1月19日。

1956年、京都大学農学部農林経済学科卒業。

産業心理研究所研究員、日本マネジメント協会経営指導部長などを経て、1970年に(株)日本マーケティングセンター設立。

1985年3月に(株)船井総合研究所に社名変更。

 ※現在は、(株)船井総研ホールディングスに社名変更。

1988年、経営コンサルティング会社として世界ではじめて株式上場。

”経営指導のプロ”としてコンサルティングの第一線で活躍するとともに、社長、会長を歴任した。

つまり・・・

「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコト」も「自分にとって、必要・必然・ベストのタイミング」で現れてくると思うようになった、ということですね。

管理人
管理人

その通りです。

目の前に現れたことが、とてつもなく大きな困難や逆境に見えたとしても、「自分にとって、必要・必然・ベストのタイミング」で起きているのです。

だとしたら、自分の魂を磨くためには、そこから何かを学ぶべきと思うようになったのです。

魂を磨くために何かを学ぶとして、具体的に何を学べばいいのだろうね?

管理人
管理人

解決していない自分の課題というか、成長できていない自分の本質なんだと思っています。

分かりやすい言い方をすると、「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコト」って、自分の魂を磨くために神様が与えてくれた「修行」なのかなって思っています。

神様が与えてくれた修行だとしたら、「逃げてはいけない」ということでしょうか?

管理人
管理人

「逃げてはいけない」とは思っていません。むしろ、「逃げることも必要」だと思うようになりました。

では、「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコト」からは「逃げることも必要」ということですか?

管理人
管理人

その通りです。

私はこれまで、「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコト」には「挑まなくてはならない」と思っていました。そして、後輩や自分の子供にもそのように指導することもありました。

でも、それが間違いだったと気付けてよかったと思っています。

状況や内容によっては「逃げることも必要」なのです。

管理人さんなりに、いろんな人生を歩んでこられたことはよく分かりました。

スポンサーリンク

まとめ

「スピリチュアル講座 嫌いな人・苦手な人との正しい向き合い方とは?」をまとめます

なぜ、嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコトが現れるの?

→ 自分の魂を磨くため

嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコトとはどう向き合えばいいの?

→ 自分の魂を磨くために、様々なことを学んでいく

管理人
管理人

このようにいっても、自分の魂のレベルの「高低」によります。

あくまでも「今の私」はそのように思っている、ということをご理解いただければ幸いです。

私もまだまだ、発展途上ですので!

人は生きている限り、発展途上の存在だと思います。

「すべての出来事には意味がある」「すべての出来事は自分にとって、必要・必然・ベストなタイミングで起こる」のであれば、「嫌な人・苦手な人、嫌なコト・苦手なコト」も、神様から与えられた、今の自分のレベルに相応しい「修行」なのだと私も感じています。

終わりに

心理学者のアドラーは、『人生の悩みはすべて「人間関係」でできている』と説きました。

アドラー心理学を学ぶと、人間関係をより円滑に、スムーズにさせることができます。

以下は、アドラー心理学の主要なポイントを、分かりやすくまとめた記事です。

よろしければ参考にして下さい。

アドラー心理学① あいつには負けたくない 優越感と劣等感

アドラー心理学① あいつには負けたくない 優越感と劣等感の向き合い方
心理学者のアドラーは、優越感と劣等感について説いています。 優越感と劣等感は反対の概念のようにも感じますが、優越感も劣等感も根っこの部分は実は同じです。 いずれも誰かと比べて、勝てば優越感、負ければ劣等感を感じるというものです。 優越感と劣等感の向き合い方を紹介します。

アドラー心理学② 誰もが抱える人生の3つの課題 仕事・交友・愛

アドラー心理学② 人間関係にまつわる3つの課題 仕事・交友・愛
アドラー心理学では、人のあらゆる悩みは人間関係にまつわる3つの課題(仕事・交友・愛)に集約されると説いています。一方で、仕事・交友・愛といった3つの課題に対する取り組みの度合いは人それぞれです。まずは自分がどのライフ・タスクを重視しているのかを理解しましょう。

アドラー心理学③ 課題の分離とは 課題の分離は冷たくない

アドラー心理学③ 課題の分離とは 課題の分離は冷たくない 課題の分離のコツを解説
責任感を持つことは決して、悪いことではありません。しかし、責任感の強い人ほど、多くの課題を背負い込み、首が回らなくなります。その結果、お手上げ状態になってしまうと、結局は、あなたもあなたの周囲も不幸です。そうならいためにも、「これは誰の課題なのか」と自問自答するようにして下さい。

アドラー心理学④ あなたはなぜ他人と関わりたくないと感じるのか?

アドラー心理学④ あなたはなぜ他人と関わりたくないと感じるのか?
アドラー心理学では、すべての悩みは、対人関係の悩みだと説いています。あなたは、なぜ、他者との関りで悩むのでしょうか?あなたは、他者をどのように見ていますか?人間関係において悩みを作り出しているのは、他者を敵だと捉える考え方にあります。でも、他者は本当にあなたの敵なのでしょうか?

アドラー心理学⑤ トラウマ

アドラー心理学⑤ トラウマ アドラー心理学を学んでトラウマを消そう
あなたは「トラウマ」があるから〇〇できない、と考えたことはありませんか? これは本当はやりたくないことを、できないことにしてごまかしているだけです。このことを自己欺瞞(=自分を欺くこと)といいます。 しかし、トラウマはあなたの思い込みと意味付けが作り出した偶像にすぎません。

アドラー心理学⑥ 意味づけとは何か? なぜ人は意味づけてしまうのか?

アドラー心理学⑥ 意味づけとは何か? 間違った意味づけを変える方法
アドラー心理学では意味づけについて説明しています。 なぜ人は、誰かや何かに意味づけをするのでしょうか? それは意味づけをした方が、便利で楽に生きられるからですが、間違った意味づけには注意が必要です。 この記事では、アドラー心理学における意味づけについて解説します。

もっと、本格的にアドラー心理学の勉強をしたい方には、こちらもオススメですよ

↓↓↓↓↓

【日本統合医学協会】アドラー心理学検定1級講座

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝いたします。

もし、私のブログが気に入っていただけましたら、Twitterでもフォロー( こちら から)していただるとうれしいです。

よろしくお願いいたします

また、こちらでは、筆者(管理人)が感動した 「偉人たちの勇気の言葉」 を紹介していますので、よかったら覗いてみて下さい

はてなブックマークもしてくれるとうれしいです。

よろしくお願いいたします。

筆者の山ノ内公園は、あなたの様々なお悩みに寄り添いたいと考えています。

ぜひ、あなたの声を聞かせて下さい。

このブログからコメントいただいても結構ですし、ツイッターからでも結構です。

なんでもお気軽にご相談くださいませ。

山ノ内公園

コメント

タイトルとURLをコピーしました