住宅用太陽光発電の卒FIT問題 あなたの太陽光発電は大丈夫?

住宅用太陽光発電の卒FIT問題 あなたの太陽光発電は大丈夫?環境・エネルギー

前回の記事で、住宅用蓄電池は住宅用太陽光発電設備の2019年問題(卒FIT)を背景に導入が進んだとありましたね

ということは、太陽光発電の卒FIT問題とやらは無事に解決したのかな?

卒FIT問題は2019年だけの問題ではありませんよ!

そうなんですか!? 困ったわ~

管理人
管理人

今回は、そんなあなたのお悩みに寄り添います!

みなさん、こんにちは。ご訪問いただき、ありがとうございます。感謝いたします。

今回は住宅用太陽光発電の卒FIT問題 あなたの太陽光発電は大丈夫?と題して、そろそろあなたにも降りかかる、卒FIT問題を取り上げたいと思います。

ちなみに、筆者(管理人)はこんな人ですので、 プロフィール も覗いていただけるとうれしいです

スポンサーリンク

卒FIT(2019年)問題とは

そもそも、卒FIT(2019年)問題とは何だったのか?を簡単に振り返りたいと思います。

卒FIT問題とは、2019年11月以降、太陽光発電の固定価格買取制度の期間が満了する人が大量に出てくる問題のことです。

つまり、2019年に限った話ではないのですね。

せっかくだから、太陽光発電の固定価格買取制度についても説明してよ!

FITとはFeed-in Tariff(フィード・イン・タリフ)の略称で、固定価格買取制度のことを指します。

卒FITとは「FITを卒業する」という意味で、固定価格買取期間が満了することを意味します。

卒業って、固定価格の買取期間は何年なのですか?

買取価格の保証期間は、住宅用の太陽光発電(10kW未満)で10年、事業用の太陽光発電(10kW以上)で20年となっています。

住宅用太陽光が2019年で卒業ということは、2009年に固定価格買取制度をスタートしたってことですか?

簡単にいうと、その通りです。

「住宅用太陽光発電でつくった電気のうち、余った分を10年間同じ金額(固定価格)で買い取る」という余剰電力買取制度が始まったのが2009年11月となります。

2019年度の卒FIT対象者は、約56万件だったと言われています。

ところでさ、卒業すると何が問題になるわけ?

そうそう! 他人事だったので、あまり気にしていませんでした・・・

【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!
スポンサーリンク

卒業したらいくらで買い取ってもらえるの?

これまで太陽光発電でつくった電気のうち、余った分を「固定価格:2009年では48円/kWh」で買い取ってもらっていましたが、FIT終了後はそれを大きく下回るからです。

大きく下回るって、具体的にどれくらいですか?

卒FIT後の余剰電力買取価格は、各電力会社が自由に設定することができます。ちなみに、大手電力会社は税込みで10円/kWhを下回るレベルです。

半額以下になるってこと!? それは痛いね!

一方で、電力会社から購入する電気の料金は年々上昇すると言われており、今後は、住宅用太陽光発電設備は余剰電力を売るのではなく、自分で消費した方が得だともいわれています。

スポンサーリンク

太陽光発電の自家消費とは

自分で消費した方が得だって言われても、どうやって消費すればいいの?

24時間エアコンをかけておくのも勿体ないような・・・

太陽光発電による余剰電力を蓄電池に貯めておき、必要なときに放電することで、余剰電力を自らの電力消費に用いることを「自家消費」といいます。

2019年以降、FIT(固定価格買取制度)を卒業したご家庭は、余剰電力を電力会社に先ほどの安価な金額で買い取ってもらうか、自家消費するかの選択が迫られるのです。

ちなみに、余剰電力は大手電力会社以外の小売電気事業者に買い取ってもらうことも可能です。

一見すると大手電力会社よりも割高に買い取ってもらえそうですが、いろいろな制約条件が付いてくることもあります。

ご自身でしっかりと見極めるようにして下さい。

そんなこと言ったら、わざわざ、あんたのブログを読んだ意味がないじゃない!

管理人
管理人

そ、そう言われましても

判断するうえでの前提条件は、各家庭によって様々でしょうから・・・

ちなみに、管理人さんだったらどうしますか?

管理人
管理人

私ですか!?

前提条件として、蓄電池を購入できるだけの資金があれば、私は蓄電池を購入して自家消費したいと考えています。

どうしてそのように考えるのですか?

蓄電池の無料一括比較サイト【タイナビ蓄電池】
スポンサーリンク

私が自家消費をお勧めする理由

管理人
管理人

あくまでも、蓄電池を購入するだけの資金的余裕があれば・・・

という前提条件付きとなりますが、私が自家消費をお勧めする理由を紹介いたします

理由①:今後、電力会社の電気代が高くなると予想されるため

みなさんは、電力料金の内訳ってご存じですか?

最近は電子明細が多いと思うので、紙ベースの請求書を見る機会がなくなったと思いますが、電力料金の内訳は次の通りとなっています。

①基本料金

②電力量料金

③燃料費調整額

④再生可能エネルギー発電促進賦課金

③燃料費調整額って何ですか?

燃料費調整額とは、原油・LNGなどの価格変動を迅速に電気料金に反映させるためのものです。

料金メニューのベースとなった基準燃料価格と貿易統計価格の3か月平均の差をもとに単価を算定されます。

ですので、プラスになることもマイナスになることもあります。

ご興味のある方は、東京電力エナジーパートナー「燃料費調整制度とは」をご確認下さい。

世界情勢が緊迫していると、原油やLNGの調達価格も高くなりそうだから、燃料費調整額は高くなるってことか~

④再生可能エネルギー発電促進賦課金って何ですか?

これは今回の記事で紹介しているFIT(固定価格買取制度)とも深い関連のあるものです。

FIT制度は再生可能エネルギーを普及させるために定められた制度ですが、これによると、「再エネ電気の買取価格の一部を、すべての需要家が広く負担する仕組み」となっています。

え~ 何それ! 聞いてないよ!

最近は、再エネ賦課金の国民負担が大きすぎるとして、問題視されていますよね。

再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ付加金) 単価の推移

2012年度:0.22円/kWh

2013年度:0.35円/kWh

2014年度:0.75円/kWh

2015年度:1.58円/kWh

2016年度:2.25円/kWh

2017年度:2.64円/kWh

2018年度:2.90円/kWh

2019年度:2.95円/kWh

2020年度:2.98円/kWh

2021年度:3.36円/kWh

月々の電力使用量が300kWhのご家庭における負担額は、

2012年度:300kWh/月×0.22円/kWh=66円/月

2021年度:300kWh/月×3.36円/kWh=1,008円/月

つまり、電力使用量が変わっていないのに、月々の電気料金が10年前と比較して940円も高くなっていることになるのです。

ふざけるな~!

理由②:蓄電池は防災対策に役立つ

これは多くを語るまでもないと思います。

私も東日本大震災で計画停電を経験しています。

バックアップ電源としての蓄電池はとても魅力的ではないでしょうか?

ろうそくの明かりで、晩御飯を食べたことは忘れられませんね。

管理人
管理人

被災地の方々に比べたら、計画停電くらいじゃ文句は言えませんけどね・・・

公式サイトはこちらから

当たり前のことなど、何一つありません

電気のある暮らしに、改めて感謝したいと思います

Jackery ポータブル電源

最後までお読みいただき、ありがとうございます。感謝いたします。

気に入っていただけましたら、Twitterでもフォロー( こちら から)していただけるとうれしいです 。

よろしくお願いいたします

また、こちらでは、筆者(管理人)が感動した  「偉人たちの勇気の言葉」 も紹介していますので、よかったら覗いてみて下さい。

あなたにピッタリの勇気の言葉が見つかるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました