免疫力をアップしよう タンパク質を摂って免疫力をアップしよう

免疫力をアップしよう タンパク質を摂って免疫力をアップしようセルフマネジメント

たんぱく質は、脂質・炭水化物と同様、三大栄養素の一つですよね? タンパク質を摂取するとどのような効果があるのでしょうか?

いくら三大栄養素といっても、摂りすぎはよくないのでは?

管理人
管理人

今回は、そんなあなたのお悩みを解決します!

みなさん、こんにちは

ご訪問いただき、ありがとうございます

感謝いたします

ちなみに、筆者(管理人)はこんな人ですので、 プロフィール も覗いていただけるとうれしいです

今回は免疫力をアップしよう タンパク質を摂って免疫力をアップしようと題して、三大栄養素の一つであるタンパク質について紹介したいと思います

管理人
管理人

タンパク質は筋肉や臓器、体内の調整に役立っているホルモンの材料となるだけでなく、エネルギー源にもなっている重要な栄養素です。

美容にも必須な成分として注目されており、ストレス緩和などの効果も期待されています。

この記事は、以下の方々を対象に記載したものです

①健康に関心の高い方

タンパク質に関心の高い方

免疫力アップに関心の高い方

管理人
管理人

卵や魚にもタンパク質は含まれていますよね

たまには健康志向の内容もいいのかなって思っていますので、よろしくお願いいたします

スポンサーリンク

タンパク質の不足、タンパク質の過剰摂取

タンパク質の不足

管理人
管理人

一般的に、タンパク質が不足すると、筋肉が減って、疲れやすくなったり、免疫力が低下するといわれています

不足っていうけどさ、一日の摂取目安とかってあるの?

管理人
管理人

一日当たりの摂取量の目安として、「体重1キログラムに対して1グラム」というのがあるようです。つまり、体重が60キログラムの方は、60グラムを一日に摂取するとよいそうです

そうなんですか!

60グラムのお肉なんてすぐに食べちゃいそうですけどね!

管理人
管理人

そうではありませんよ

お肉にはタンパク質だけでなく他の栄養素も含まれていますから、「食材の重さ=タンパク質おの重さ」ではありませんので気を付けて下さい

タンパク質の過剰摂取

タンパク質は摂りすぎてもよくないんだ?

管理人
管理人

そのようです。過剰摂取が続くと、腎機能に負担がかかったり、ミネラルの不足、腸内環境の乱れなどのリスクもあるようですよ

摂りすぎの目安ってどのくらいなの?

管理人
管理人

一日当たりの摂取量の目安として、「体重1キログラムに対して2グラムを超えない」というのがあるようです

単純に2倍以上、摂っちゃいけないのか!

でも、そんなの管理が難しいよね

管理人
管理人

まあ、そうですよね!

でも、どの食材をどれだけ食べると、どれくらいのタンパク質が摂取できるのかの目安としては知っておいてもよいのではないでしょうか

そうだね!

では、どんな食材にどれだけのタンパク質が含まれているのか教えてよ!

スポンサーリンク

身近な食材におけるタンパク質以外の栄養素

管理人
管理人

タンパク質が含まれる身近な食材としては、牛肉・豚肉・鶏肉・卵・魚・大豆製品があります

僕は牛肉が好きだから、牛肉でタンパク質を摂取するようにします!

管理人
管理人

ま、待ってください

タンパク質そのものは牛肉からでも、豚肉からでも、魚からでも摂れますが、これらの食材から「タンパク質以外の何を摂取するか」も重要になってきます

そうでしたね!

牛肉の栄養素はタンパク質だけではありませんものね!

管理人
管理人

以下に、タンパク質が摂れる食材と、その他の栄養素を紹介します

身近な食材におけるタンパク質以外の栄養素

牛肉:鉄や亜鉛

豚肉:ビタミンB群

鶏肉:ビタミンA、B群

卵 :ほぼすべての栄養を含んだ完全栄養食品

魚 :不飽和脂肪酸

大豆製品:リジン

鶏肉は脂肪が少なめでヘルシーですし、大豆製品は血圧低下や美肌効果もあるといわれていますよね

管理人
管理人

ありがとうございます。

タンパク質はアミノ酸からできていますが、主なアミノ酸は20種類あるといわれています。

このうち9種類は体外から摂取する必要があります。この9種類は「必須アミノ酸」と言われています。

必須アミノ酸はどんな食材に多く含まれているのですか?

管理人
管理人

一般的に、動物性たんぱく質の方が、必須アミノ酸を含んでいるといわれています。

でも、タンパク質の摂取が肉類に偏らないように、魚や大豆を含めて、まんべんなく食べることをお勧めします。

魚の缶詰や納豆でも、十分、タンパク質を摂取できるので活用して下さい。

スポンサーリンク

免疫力アップにも効果があるの?

管理人
管理人

体内に摂取したたんぱく質は、分解されてアミノ酸になり、骨や筋肉などの体の材料やホルモンとなっていきます

一方、細菌などの侵入を防ぐ抗体免疫もタンパク質の一つです

ということは、新型コロナウイルスインフルエンザの予防に向けて、免疫力を高めたい場合にはタンパク質の摂取は有効ということでしょうか?

管理人
管理人

免疫力のアップという意味では有効だと思います

いまだ、新型コロナウイルスの感染拡大は収まりそうにありませんので、十分、注意して下さいね

肌のハリを生み出すコラーゲンもたんぱく質で、美容には欠かせないといわれています

あらそうなの?

いいこと聞いちゃった!

管理人
管理人

また、最近ではタンパク質が「心の健康」にも役立つといわれているようです

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの原料はタンパク質で、気持ちを落ち着かせる効果があるといわれています

食生活の見直しがメンタル不調の改善の一助となるかもしれませんね

管理人
管理人

改めて食事って大切だなって思いました

そして、動物・植物の命をいただくことへの感謝を忘れないようにしたいと思います

食事は残さずいただきましょうね! 健康に関する記事も楽しく書けてよかったですね!

スポンサーリンク

2022.05.06 追加事項

この記事では、タンパク質の摂取による免疫力のアップについて記載してきましたが、免疫力をアップするには、体温を上げることもよいとされています。

体温を上げると血流がよくなると、血液が酸素や栄養をスムーズに運んでくれます。また、血液は同時に老廃物の回収も行っているため、結果として、様々な臓器が元気に働き、代謝がよくなるという仕組みです。

この、体温を上げる取り組みのことを「温活」といっており、最近、様々なメディアが取り上げています。

また、心と体は繫がっていると言われています。

つまり、心の元気がなくなると、体の元気もなくなって、免疫力の低下に繋がりかねません。

心を元気にするには様々な取り組みがありますが、最も気を付けたいのはストレスをためすぎないようにすることです。

マインドフルネスという「今、この瞬間に向き合う」手法のことです。

簡単にいうと、息を吸っている自分、吸った息(酸素)が体中をめぐっている自分、息を吐いている自分(ネガティブな感情を吐き出している自分)をイメージしながら呼吸に集中することです。

マインドフルネスは「心の筋トレ」とも言われています。

免疫力のアップに向けて、心身の両面から取り組んでみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございます

感謝いたします

気に入っていただけましたら、Twitterでもフォロー( こちら から)していただけるとうれしいです

よろしくお願いいたします

また、こちらでは、筆者(管理人)が感動した 「偉人たちの勇気の言葉」 を紹介していますので、よかったら覗いてみて下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました