わかりやすい文章 文章力を高める方法3選、文章作成の基本手順:3選

わかりやすい文章 文章力を高める方法3選、文章作成の基本手順:3選ビジネススキル

みなさん、こんにちは

ご訪問いただき、ありがとうございます

感謝いたします

今回は、「わかりやすい文章 文章力を高める方法3選、文章作成の基本手順:3選」と題して、私の考えを紹介したいと思います。

この記事は、以下の方々に読んでいただきたいと思っています。

①なぜ、文章力を磨くメリットを知りたい方

②文章として残すことの効能について知りたい方

③文章力を磨くうえで、最低限のポイントを再確認したい方

管理人
管理人

今回は文章について、全般的な内容からご紹介します。

文章は各種資料作成、メール、ブログなど、老若男女を問わず書く機会が多いと思います。

どうぞ、気軽にお付き合いいただければ幸いです。

分かりやすくお願いしますね。

スポンサーリンク

文章を書くメリット

管理人
管理人

文章を書くメリットとして、以下の3つが挙げられます。

結論が早くていいですね!

文章を書くメリット① 情報の整理につながる

管理人
管理人

まず最初に、「情報の整理につながる」について紹介します。

表現したいことが、自分の中でイメージできて、いざ、それを文章に記載しようと思ったとき、上手く書けないことってありませんか?

あ、あります!

意外と整理できているようで、できていないんですよね~

管理人
管理人

私の経験で恐縮ですが、部下から口頭で「こんなイメージです」って言われても、いまいちよく分からないことがあります。

それで、「よく分からないから、あとでメールで送ってね」っていうと、なかなかメールが返ってこない・・・

部下に「どうしたの?」って聞くと、「きちんと整理ができていませんでした」ってあるんですよね。

それは、あなたが上司に言われているんじゃないのかね?

管理人
管理人

実際、イメージっていうのは厳しくいうと、都合のよい表現なんですね。

私も職場で上司から「こんなイメージで作ってくれ」って言われて、正直、よく分からないこともあります。

話がしやすい上司の場合は、「すみません、考えてみたのですがよく分からないので、イメージについてもう少し具体的に教えてもらえませんか」って相談すると、「ごめん、おれもよく分かってないんだ」ってこと、結構ありますからね。

あるあるですよね!

たまに「それを考えるのがお前の仕事だろ!」って、キレる上司もいて困りますね!

管理人
管理人

そんな上司、いますよね!

私も「反面教師」にしています。

そろそろ「情報の整理につながる」について、紹介していただいてもいいですか?

管理人
管理人

し、失礼しました。

イメージが自分の中で整理できていないような場合でも、文章としてアウトプットすることで、自分の考えを整理し、深められた経験ってないですか?

ちょっと違うかもしれませんが、心の中でモヤモヤした気持ちがあったとき、日記を書いていたら、すっきりしてきたことってあります。

管理人
管理人

素晴らしいですね!私にも同様の経験があります。

頭の中にある情報を、文章として整理し、記述したものを目から取り入れることで、頭の中にあった情報が、より鮮明になっていきます。

ですので、相手のためにも、自分のためにも、文章化することをお勧めします。

文章を書くメリット② 多数の人に同じ情報を伝えられる

管理人
管理人

次に、「多数の人に同じ情報を伝えることができる」について紹介します。

ふむ、これは説明がいらないくらいだな!

管理人
管理人

そ、そうかもしれませんね。

ですが、先ほどの「イメージ」の件もありますので、「情報の整理」という意味で紹介させて下さい。

ビジネスにおける報告書やプレゼンテーション資料のほか、このようなブログもそうですが、一度、文章化してしまえば、多数の人に同じ情報を伝えることができますよね。

その通りですね。文章に限らず、絵画なども同様ですね!

たしかに!

管理人
管理人

そうですね!特に、ビジネスにおいてはスピードが重視されることもあります。

いわゆる「報告・連絡・相談」を口頭で迅速に行うことも大切ですが、肝心の内容が整理されていないと、双方の貴重な時間を奪うことにつながります。

よく分かります。「報告・連絡・相談」もケースバイケースですよね!

私は複雑な背景がある問題を上司に相談する際、事前にメールを送るようにしています。

上司の時間のあるときに、じっくり考えてもらって、上司の時間のあるとき、メールで返してもらえれば済むからです。

管理人
管理人

素晴らしい配慮ですね、私も相手に応じて、使い分けるようにしています!

サラリーマンも大変ね。

文章を書くメリット③ メモとして残せる

管理人
管理人

最後に「メモとして残すことができる」について紹介します。

ふむ、ま、とりあえず話してください!

管理人
管理人

ありがとうございます!

例えば、突然、何かをひらめいたとき、それを何らかの形で残しておかないと、後になって「あれ、なんだっけ?」ってことありませんか?

ありますね!

スマホで気軽にメモを残すことができます。

スマホをボイスレコーダーとして、音声メモを残すこともありますね!

管理人
管理人

そうなんですよね!

人は忘れる生き物ですからね。ビジネスやブログのアイデアなども、メモとして残しておけば、あとでじっくり深掘りすることもできますからね!

ビジネスの場面では、「言った」「言わない」って結構ありませんか?

家庭の中でも、「言った」「言わない」はありますよ。

管理人
管理人

「言った」「言わない」って見苦しいですよね。

とかく、人は「自分に都合のいいよう」に解釈する傾向があります。

事実を客観的に記録することが大事ですね!

議事録などでは、事実と個人的主観を混同しないように気を付けましょう!

管理人
管理人

余計なトラブルを回避するためにも、文章として記録を残すことは大事なことですね!

スポンサーリンク

文章力を高める方法

管理人
管理人

続きまして、「文章力を高める方法」について紹介します。ポイントは以下の3つです!

文章力を高める方法① 基本の型を習得する

文章力を高める方法② 基本の型を反復練習する

文章力を高める方法③ 基本の型を実践する

なるほど!

スポーツと同じですね

ピアノのレッスンでも同じことが言えそうです。

管理人
管理人

ありがとうございます。

スポーツにしても、ピアノなどの音楽にしても、先生、コーチ、先輩をまねることからスタートしますよね?

文章についても同様です。

スポンサーリンク

文章作成の基本手順

管理人
管理人

最後になりますが、「文章作成の基本手順」について紹介します。ポイントは以下の3つです。

文章作成の基本手順① 文章を書く目的を明確にする

管理人
管理人

まず、「文章を書く目的を明確にする」について紹介します。

何事も目的は大事ですよね。

管理人
管理人

ありがとうございます!

目的を明確にするうえで意識したいことを以下に示します。

・誰に向けて文章を書くのか(読み手は誰か?)

・具体的に何を伝えたいのか?(読み手のメリットは何か?)

・読み手にどうしてもらいたいのか?(期待する反応は何か?)

なるほど!

①と②はこれまでも意識していましたが、③はあまり意識していなかったかもしれません。

管理人
管理人

そうですね。

①と②はある意味、当然のことですが、③を意識することによって、文章全体が深みを増してくると思いますよ。

文章作成の基本手順② 文章全体の枠組みを考える

管理人
管理人

次に、「文章全体の枠組みを考える」について紹介します。

思いつくままに文章を書くのではなく、意図的な順序とすることで、読み手にとって、スムーズかつ効果的に、こちらの情報を届けることができます。

ひょっとして、「起承転結」のことですか?

管理人
管理人

その通りです。

起承転結の他にも、こちらの主張を分かりやすく伝える、順序(主張→理由)も意識したいところですね。

先日、論理のピラミッドと言われる、PREP法のことを勉強しました。

管理人
管理人

さすがですね!

起承転結や主張の順序については、今回のテーマではこの程度の紹介とさせていただき、別の機会に改めて、深掘りしたいと思います。

そろそろ、読み手も疲れてきたのではないですか?

文章作成の基本手順③ 推敲する

管理人
管理人

そ、そうですね!

最後に、「推敲する」について紹介します。

推敲とは、文章を読み返し、チェックすることです。

読み手の立場に寄り添って、適切な単語や言い回しとなっているか?

必要に応じて、書き改めて下さい。

何をするにも「相手に寄り添う」ことって大切ですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

感謝いたします

気に入っていただけましたら、Twitterでもフォロー( こちら から)していただけるとうれしいです

次の記事は、ライティング(文章力)アップに向けて、より実践的な内容を紹介しています。

以下の本は、山ノ内公園(筆者)も勉強しています。

600ページ近くあるので、紙媒体のものを購入しました。

何度も読み直していますが、そのたびに新しい発見があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました